忍者ブログ

いしかり農産物エキスパート養成事業

いしかり食と農のカレッジ レベルアップ講座「マイスターコース」 農業者の話や旬の野菜の魅力を実感し、いしかり農産物のエキスパートを目指してみませんか?

2016/07/15 17:35

カフェガルさんから移動し、浜益区幌(ぽろ)地区へ。
この地区は石狩市唯一の果樹園が見られる地域です。

 

善盛園さんに着くと大きな観光バスが止まっていたり、門前の小川でこども達が水遊びをしていたり・・・・・・。
とても賑わっていましたemoji


明治時代から続く善盛園さん。
4代目の園主の渡辺さんにお話を伺います。



エキスパート養成事業の中でこの講座がとても評判が良いのは、渡辺さんの人柄のお陰といっても過言ではありません。

「たくさんあるから、どうぞ遠慮なく食べながらどうぞemoji
というありがたい言葉に、遠慮なく手が伸びてしまいます。



20種類以上のさくらんぼをほぼ1人で管理しているという渡辺さん。
広大な敷地に1300本以上のさくらんぼの木があります。
これでも日当たりや病気などの理由でだいぶ減らしたとのこと。
植える配置は相性の問題もあるので、一本一本きちんと計算して配置しているそうです。



「さくらんぼ」と一口に言っても、その写真でも分るとおり品種によって味も見た目も違います。

浜益区の在来種である「ごんべえ」は、皮が薄く柔らかいので流通には向かず「幻のさくらんぼ」と言われています。
黄色いさくらんぼの月山錦(がっさんにしき)はなかなかの高級さくらんぼですが、今年は8月に入ってからが食べ頃のようですemoji



さくらんぼと言えば「佐藤錦」という人も少なくはないと思います。
もちろんそんなメジャーな品種も、初めて聞くような品種もいっぺんに楽しめるさくらんぼ狩り。
果物狩りといえば仁木・余市あたりを思い浮かべてしまいますが、浜益も負けてはいませんemoji

 

すっかり善盛園さんの魅力の虜になってしまった参加者の面々。
是非個人的にも来たいと思いますemoji

それにしてもこの広い果樹園を、1人で自然(天候や動物など)と戦いながら管理する大変さ・・・想像もつかないですよねemoji



それでも先代の遺したものを大切にしたいという渡辺さんの想い。
しっかり伝わりましたemoji

善盛園さんのご神木である樹齢139年の杏の木は、未だ元気に香りよく甘い実を実らせるそうです。
この木とともにある善盛園さんの歴史。
これからも100年、200年と刻み続けていって欲しいですemoji



美味しいさくらんぼと綺麗な自然ですっかり心癒された1日でした。
渡辺さん、お忙しい中本当にありがとうございましたemoji

これにて大人の遠足も終了。
次回は8月19日(金)、にんじん講座ですemoji
PR
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
パスワード
<<<      HOME      >>>